ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

懐かしの画像:ED75-711「あけぼの」

 この3連休は、12/22の「169系イベント」以外は休日出勤・所定出勤でした。更新間隔を調整するため「懐かしの画像」を・・・。
 
 1996年(平成8年)、春季集中講義が終われば年度末も目前・・・。そうだ、静寂を求めて旅に出よう。と、当時の「GO・GOフリーきっぷ」を購入して春まだ遠い秋田へ。当時は、特急秋田リレー号の運転開始直後でしたので試乗も兼ねて北上線経由で秋田へ。秋田リレー号については、別の機会に書きたいかと思います。到着後は、宿の支度を考えていませんでした。現在のように安いビジネスホテルが多いわけではありませんでしたが、駅前に安い値段で宿泊できるホテルを見つけて宿泊。「ホテルハワイ」。そのネーミングにも引かれました。現在は営業してるのか解りませんが、泊まった当時でも結構古いホテルでした。
 
 次の日は、秋田から特急あけぼの号の立席で青森へ。事前に、寝台列車の立席利用は、別に立席特急券が必要との確認を取っていたのですが、案の定、窓口で
 
窓:「立席特急券を買う必要はない。パスでそのまま乗ってくれ」(要約)
俺:「いや、寝台の立席乗車は立席特急券が必要と確認している。早く売ってくれ」
 
 で揉めて確認することに・・・。結局は、事前に確認した通りで特急自由席乗り放題のパスでも、立席特急券は必要とのことで無事に購入。車内で揉めるよりましです。
 
イメージ 2
 
でも、窓口の社員は電話で問い合わせた上の部署にも「特急券が入っているパスなのにな・・・。特急券別に必要なのか?」と納得行かない様子。
 
イメージ 1
 
 そんなこんなで、ホームへ行くと寝台特急あけぼの号が入線。おーED75-711が牽引だ。当時の欧風客車「オリエントサルーン」の専用機が現れたので得した気分になりました。で、立席特急券で乗れる4号車~6号車は混んでいました。階段から遠い4号車でようやく空の区画を見つけて、青森までのヒルネ乗車を楽しみました。最初は一人でしたが、停車駅の度に乗客が増えて最終的には、3人がけで1区画6名での乗車となりました。車内放送でも、盛んに座席は3人掛けと放送をしていました。
 
 時代は流れて、今も寝台特急あけぼの号は存続しています。心配された次回のダイヤ改正も乗り切るようで何よりです。もう一度、この区間ヒルネ乗車を体験してみたいと思う今日この頃ですが、だったら上野から全区間乗車したいですね。