ガタゴト日誌

長期的な人員割の都合で更新は不定期です。

篠ノ井線120周年に乗車(6/26)

 本日も、篠ノ井線120周年号に乗ってきました。基本的には昨日とほぼ同じです。座席位置は3列車共に進行方向窓側でした。昨日・今日と篠ノ井線で12系客車の旅を楽しみました。今度は何時頃楽しめるのでしょうか・・・。

 個人的には、ナイトビュー姨捨も12系でやってほしいところですが、まぁ安全上の理由で無理でしょうね・・・・

 

 

 今日は知人様のご協力で「松本駅開業篠ノ井線120周年弁当」が入手できました。有名な明治亭のソースカツ丼でした。値段はお高めの1500円でしたが、このカツ冷えているのに本当に美味しく驚きました。

 

 

 あと、開業120周年ワインも少し辛口で嗜みながら飲むには丁度よい味でした。

 

 

 今日は3列車共に全て進行方向窓側の席でした。

 

※記念カードは昨日と同じデザインです。


 2日間、篠ノ井線を走行した12系の旅を存分に楽しめました。ありがとうございました。また、お会いした皆様・乗車や撮影に出られた方々も暑い中をお疲れさまでした。

篠ノ井線120周年号に乗車(6/25)

 本日は、篠ノ井線120周年1号・2号・3号に乗車しました。篠ノ井線120周年1号では松本駅でセレモニーが開催されました。長野支社管内で12系客車に乗るのもかなり久しぶりです。

 今日は大変暑くなりましたが、沿線にも凄い人出でにぎわってました。私は、夏の1日12系客車の旅を楽しみました。いろいろ違う点はありますが、塩尻発長野行の篠ノ井線120周年3号は急行ちくま号を思い出すには十分の列車でした。

 

篠ノ井線120周年1号(松本-西条)

 

篠ノ井線120周年2号(西条-塩尻

 

篠ノ井線120周年3号(塩尻-長野)

 

 乗車された皆様。撮影された皆様。大変お疲れ様でした。乗車記は後日作成します。

 

<動画>


www.youtube.com

 

 (追記)

 本日配られた乗車記念カード。何処かで見覚えのあるデザインですね。よーく見てみよう・・・。

185系B6編成臨時回送列車

 新宿から長野まで夜行団体列車として使用された185系B6編成の臨時回送列車(返却)が運転されました。

 本日は、篠ノ井線120周年3号に塩尻から長野まで乗車しました。長野に到着するのを見計らったかのように長野駅5番線に入線してきました。思いがけぬ185系の登場に長野駅は祭り状態になりました。

 

 

長野総合車両センター廃車置場周辺(6/24)

 本日(6/24)9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。前回訪問時と比べて185系の中間車が新たに解体線に入っていました。解体の中心は185系に移りました。

 その他は特に変化は無いようです。

 

 

 工場側に車両は見当たりませんでした

 

 

 基地側ではE353系3両とEF64 1000番台1両が構内を移動しました。ただ、遠すぎて編成番号や機関車の番号は解りませんでした。

 

 

 今日は客先へ行く都合で10時前には帰りました。

ET127系V4編成北しなの線乗務員訓練

 えちごトキめき鉄道所有のET127系V4編成を使用した乗務員訓練が北しなの線で行われました。訓練は主に午前中に行われたようで、妙高高原-長野-北長野-長野-妙高高原-長野-妙高高原の行程で実施されました。

 

■北長野-長野

 

■長野-北長野

 

■北長野にて

 

■三才-豊野

 

妙高高原-黒姫

 

■豊野-三才

 ET127系(元E127系)自体は、長野総合車両センターで検査や車輪転削を行いますので珍しくはないのですが、えちごトキめき鉄道に所属が移管された後は回送扱いでの入出場(入出区)となっており試運転表示で北しなの線を走行するシーンを撮影できたのは収穫でした。

 

■動画


www.youtube.com

長野総合車両センター廃車置場周辺(6/20)

 本日(6/20)9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。185系A5編成の一部が解体線に入っていました。車両の影で解りませんが3両程度かと思われます。解体線の奥では引き続き115系の解体作業が行われていました。

 

 工場側には、E233系(豊田車)が見えます

 

 

 本日は客先へ行く都合で10時で撮影は終了しました。動きが無いと高架下でスマホでできる仕事が片付くのでその分早く帰れます・・・。更新も画像数枚で楽なのでササッと更新完了。

211系1000番台N326編成出場試運転

 長野総合車両センター(工場)に入場していた211系1000番台N326編成の出場試運転が長野-聖高原で行われました。

 両端ともLEDの種別表示で流石に「試運転」表示を写せるほど腕は良くないので、出場試運転と解るように工場線・試運転線を進むシーンを撮影しました。

 

 

 帰路は客先へ都合で撮影できませんでした。