ガタゴト日誌

長期的な人員割の都合で更新は不定期です。

長野総合車両センター廃車置場周辺(10/7)

 本日(10/7)9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。前回訪問時と比べてE217系Y6編成の先頭車側3両が解体線の端に移動していました。解体線の奥では2階建てサロの解体作業中でした。

 

 工場側では入場中のE353系の編成組成が終わったようです。

 

 動きは全くありませんでしたので、客先へ行くまでの時間調整で10時過ぎまで居て早々に帰りました。

 余談ながら飯山線128Dの入区は、キハ111-211+キハ112-211でしたので、トンネル工事期間中は変運用でキハ111+キハ112が運用に入るようです。もう少し様子を見てみたいですね。

126D入区 キハ111-212+キハ112-212(これは所定)

 

128D入区 キハ111-211+キハ1121-211(これが変則)

 

131D出区 キハ110-227+キハ110-231(これも所定)

 

長野総合車両センター廃車置場周辺(10/5)

 本日(10/5)10時40分頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。前回訪問時と比べてE217系2階建てサロ車2両が解体線の端に移動していました。そのほかは特に動きはないようです。

 

 工場側には本日運転されたE353系S103編成が工場線に入っていました。

 

 どうせ昼前ですし午後までこの後も動きは無いとみなして単1770列車(別記事)を撮影して帰りました。

EH200が単1770列車に使用

 おそらく10月からだと思いますが、北長野まで乗り入れている貨物列車(83列車~単1770列車~単1789列車~80列車)の牽引機がEF64 1000番台単機からEH200に変わっています。はっきりとした詳しい理由は不明ですが、本日の単1770列車を見たところEH200-21が使用されていました。

 

長野総合車両センター廃車置場周辺(10/3)

 本日(10/3)9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。前回訪問時と特に変化は無いようです。

 

 工場側では、入場中のE353系が2両ほど工場間移動しました。

 

 

 飯山線は、トンネル工事のため戸狩野沢温泉-森宮野原で運休となっています。車両の運用も変わっているのか128Dにキハ111-211+キハ112-211が入っていました。参考までに131Dは、キハ110-235+キハ110-233でした。今日は良い位置で入区(キ128D)と出区(キ131D)がすれ違いました。

 

秋ですが向日葵の花

 季節は秋ですが、須坂市のツイートを見たところ村山橋下の休耕地に向日葵が植えられていて花が咲いているという事で見てきました。この場所は、普通に撮影すると逆光です。という事は・・・。向日葵の花も線路に向かって咲いていて車両と合わせて撮ると手前の向日葵の花はほとんどが反対側となります。

 という事で曇りの日はどうなのでしょうかと今日来てみましたが・・・。ピークが過ぎてる。太陽が出てないので下を向いている・・・。と言う感じです。

 

 それでも良さげな場所を見つけて撮影はしてみましたが、隣は農地ですので入れず農道からしか撮れません。

 この場所、もしも夏の盛りに植えられて花が咲いても太陽の方に花が向くので車両と合わせて撮影は難しいですね。しかも晴れれば強烈な逆光ですし・・・。列車と合わせての撮影は難しいかもしれません。

飯山線臨回気運転(キハ110-229)

 10月1日から飯山線横倉第一トンネル工事に伴い戸狩野沢温泉から森宮野原が11月20日まで運休になる関係で十日町側での運用数確保のためキハ110-229が回送されました。

 長野側では、しばらくキハ110-229は見納めです。(11月20までですが)

 

 種別表示は「普通」(横のLEDは「回送」)だし北条踏切では切り位置で322Mに被られるわで良い所無かった・・・orz

 

長野総合車両センター廃車置場周辺(9/30)

 本日(9/30)9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です前回訪問時に比べて下画像の右から2番目の3両ほどの車両の姿がありません。解体線での作業には早すぎるので工場内へ移動したかと思われます。

 解体線では引き続きE217系の解体作業が行われています。

 

 工場内も車両の姿はありません

 

 動きも無さそうですので10時前には撮影は終了し買い物に行きました。

長野総合車両センター廃車置場周辺(9/28)

 本日(9/28)9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。前回訪問時と比べても特に変化はありませんでした。解体線では、引き続きE217系Y12編成3両の解体作業が行われています。

 私が居た時間帯(9時から10時15分)までは全く動きがありませんでしたので、午後と言うか夕方ごろに解体線の先端あたりまで次の解体車両を入れる可能性もあります。

 

 

 工場側にも車両の姿はありませんでした。

 

211系1000番台N319編成構内試運転

 長野総合車両センター(工場)に入場していた211系1000番台N319編成の検査が終盤となり構内試運転が行われました。試運転は、居町踏切折り返し基準で3往復実施され終了したので近日中に出場するものと思われます。

 

・工場から試運転線へ

 

・試運転線で構内試運転(居町踏切基準3往復)

 

・構内試運転を終えて工場へ

 

 季節は秋、この周辺では1年間で秋の彼岸から冬至のあたりまでが一番光線が厳しい季節です。今年はどこも草の成長(敷地内)が著しく撮影も大変です・・・。

 

<動画>


www.youtube.com

 

<過去記事>

 

hyama5071.hatenablog.com

hyama5071.hatenablog.com