ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

189系快速木曽路満喫号(乗車)

 信州アフターディスティネーションキャンペーンのオープニングとして、JR東日本JR東海が共同で臨時列車「木曽路満喫号」を長野-中津川で1往復運転しました。189系最後の1編成となった「あさま色189系電車がJR東海津川駅まで乗り入れるとあって座席指定券の人気もさることながら沿線もすごい人出となりました。
 夏の1日、緑濃い木曽路189系電車に揺られて旅ができたことはかけがえのない収穫となりました。乗車された皆様・撮影された皆様大変お疲れ様した。

イメージ 2
長野駅発車案内

イメージ 1
長野駅でのお見送り

イメージ 3
篠ノ井駅停車中

イメージ 4
姨捨に停車

イメージ 5
塩尻JR東日本からJR東海の乗務員に交代


イメージ 7
木曽福島停車中

イメージ 8
南木曽に停車

イメージ 9
南木曽駅停車中

イメージ 10
記念撮影ボード

イメージ 11
中津川に到着

イメージ 12
中津川にて

津川駅入換

イメージ 13

イメージ 15
往路の記念品(沿線自治体より)※画像2枚

イメージ 14
往路の記念品(JR東日本

 帰路も中津川から快速木曽路満喫号に乗車しました。帰路は、車内イベント・記念品もなく淡々と189系の乗り心地を楽しみ長野へ戻りました。

イメージ 16
津川駅発車案内

イメージ 17
中津川にて

イメージ 18
上りは「臨時」表示

イメージ 19
寝覚ノ床を通過

イメージ 20
木曽福島に停車

イメージ 21
松本に停車

イメージ 22
明科で特急しなの17号通過待ち

イメージ 23
姨捨付近を通過

イメージ 24
長野に到着。189系に揺られた木曽路の旅は終わりました。

 今回は、往復とも6号車(簡リクシート)に乗車の予定でしたが、乗車前に乗車券を買おうと長い列の窓口に並んでいる最中に最後の賭けで「えきねっと」で空席照会したら1号車の窓側が空いていたので購入しました。(その後、6号車の券は手数料を払って戻し)
 そういうこともあって、今回の乗車は往復とも先頭車両となりました。往路は、リクライニングシート。復路は、簡易リクライニングシートと2種類の座席で旅ができました。簡易リクライニングシートも、バケット化や1段ロックなどリフレッシュ改造(特急あさま号使用当時)されてますし、リクライニングも座面が前に出ますので言われるほど座り心地の悪い席でもありません。
 
 乗車券は、長野駅窓口で併用可能の確認を取って「信州往復きっぷ」(長野―塩尻)と塩尻―中津川の往復乗車券を使用しました。これで、大変お得に往復できました。

イメージ 25
上り指定券

イメージ 26
下り指定券

※一部、無効印と穴は画像加工で消してあります。

 この模様は、後日にホームページの乗車記で公開予定です。本日、乗車された皆様・撮影された皆様大変お疲れ様でした。