ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

e5489で買ってみた「風っこループ」

イメージ 1

 快速風っこループ号(風っこもぐら号)、「えきねっと」では非対応なのですが、なぜかJR西日本の「e5489」だと購入(予約)できるんです。ただ、受取はJR西日本・四国・九州の窓口で受け取らなければなりません。長野だと、最短で糸魚川駅になります。と言うことで、利用には相当な覚悟が必要です。

 ただ、今回はSL北びわこ号に乗車する用事がありJR西日本エリアに行く用事があったため利用してみました。狙うは、「風っこループ」「風っこもぐら」です。毎日、暇さえあれば検索を続けて遠征に出発する日の早朝に、ついに全列車△が出ました。遠征中に△が出ないと、「e5489」での購入はあきらめざるをえないので、本当にギリギリの線での購入となりました。

 遠征2日目に。SL北びわこ号に乗車したので、乗車前に彦根駅(時間調整で立ち寄り)で購入しました。JR東日本の「えきねっと」は、指定席券売機で受け取る際は「他の予約も受け取る」で1回の操作で予約分のすべてを引き取れますが、「e5489」は「みどりの券売機」で1回1回カードを挿入して決済しました。都合、同じ動作を4回繰り返しました。(他に購入した券もありますので・・・)



 これが指定券です。(日付と席番は隠してあります。)
 JR東日本と違うのは、西日本予約センターへの予約日と実際に購入した駅と日付の両方が記載されていることでしょうか。後は、左上に「e5489」の文字が入っています。

 今後、どれだけのネタ列車が収容されるかは解りませんが、自宅から車で片道35分で最寄りの長野駅へ行って照会をして、また車で35分かけて自宅へ戻る。という車で往復70分の行程を、指定券が確保できるまで何回も何十回も繰り返すのなら、必要分を確保して乗車前日に糸魚川駅まで取りに行った方が、燃費的にも経済的ではないかと思ってしまいました。