ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

長野総合車両センター廃車置場周辺(11/14)

 本日(11/14)10時30分頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。今日は、朝のうちに客先へ行く用事がありましたので須坂駅構内も観察して客先で用事を済ませてから来ました。10月までなら須坂駅には寄らずに無理して5分から10分ぐらい客先へ行く前に撮影しますが、もう一区切りつきましたので無理せず客先との用事が済んで時間的に余裕が出てからの撮影です。。

 前回訪問時から比べて解体線のE217系の解体が終盤となりました。続いて205系600番台Y5編成3両が解体線の先に押し込まれていました。工場から廃車置場へはY2編成が先に移動してきたのでY2編成から解体を始めるかと思いましたが、後から出てきたY5編成から先に作業を始めるようです。

 

 反対側にも行って見ました。205系600番台Y5編成で1両だけクハ204-605だけ廃車置場に残っています。

 

 工場にはE353系の姿が見えます

 

 私が居た時間は特に車両の動きもありませんでしたので、反対側へ行く移動時間を除くと15分ぐらいで撮影は終了。やはり時間的余裕があってもそんな感じなのですね・・・。