ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

長野総合車両センター廃車置場周辺(10/9)

 あってないような3連休も終わり、本日9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。本日は、客先へ行く都合で1時間ほど(10時まで)しか見る事はできませんでした。その後、さらに動きがあったものと推測されます。

イメージ 1

イメージ 2

 廃車置場の185系200番台B4編成の編成札が外されました。また、解体線のB2編成は奥の車両から解体が始まっているのか、やや奥の方へ移動してました。

イメージ 3

 車両基地側にはE257系1本が疎開留置されています。(左奥)

イメージ 4

機器更新のため入場中のE231系松戸車の編成組成が終わりました。数日中に試験走行を行い出場となるでしょう。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 9

 入場中のE257系M112編成のうち3号車から6号車が工場内に移されて本格的に入場となりました。

イメージ 7

イメージ 8

 この後、廃車置場の185系B2編成の中間車2両を同じ線の奥へ押し込みしました。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 校のような状態になると、185系中間車の前に何かしらの車両を入れるのは想像できますが、残念ながら客先へ向かう10時となり時間切れで終了となりました・・・。