ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

2013年3月ダイヤ改正(長野支社)

 本日は、183系・189系N101編成「妙高4号」を撮影予定でしたが、急に仕事のトラブルで出社することに・・・。こちらの更新は?。と考えていたら、ダイヤ改正の発表がありましたのでダイヤ改正(長野地区)の話題を・・・。
 
1.特急スーパーあずさ6号の東京延伸
 2004年3月13日のダイヤ改正前(3/12)以来の特急スーパーあずさ号(定期列車)の東京行復活でしょうか?。再び、東京駅の中央線ホーム一杯に12両のE351系が停車するシーンが見られるとは。
 
イメージ 1
ポケット時刻表(長野支社)2003年→2004年冬号より
 
2.しなの4号時刻繰り上げ
 評判の芳しくなかった、朝の特急しなの号の2時間間隔が改善されて、特急しなの4号は時刻を繰り上げ長野駅8:12発→長野駅7:44に代わります。松本は8:34ですので、企業や業種によっては通勤需要も開拓できそうです。とは言え、現行の特急しなの4号も東京方面からの新幹線からの乗り換え客も結構いたので、天秤にかけて時刻繰り上げを選んだのでしょう。
 特急しなの号に関しては、JR東日本区間に続き、JR東海区間でも車内販売が廃止となり、木曽路の景色を見ながら濃厚なバニラアイスクリームを食べることはもうできないようです。
 
イメージ 2
特急しなの4号発車案内(長野駅
 
 ダイヤ改正後の特急しなの4号の時刻には、現在2534M(快速:松本行)が運転されていますが、この列車の動向も気になります。単純に置き換えか時刻変更して存続となるのか。
 
3.211系(3000番台)の投入
 いよいよ、211系3000番台が投入されるようです。詳しい投入区間は、発表に含まれていなかったので明言は避けますが、オールロングシートで運用されるようです。なんか、一気に都会化する一方でボックスシートでのんびり駅弁とかは出来そうもないですね。
 
イメージ 3
試運転中の211系3000番台
 
 画像の211系3000番台は、篠ノ井線を試運転中のものです。ちゃんと帯は、長野仕様に代わります。著作権の関係もありますので、イメージ図は、長野支社のHPでご確認ください。
 
4.クモハ123-1引退
 ダイヤ改正ごとに噂になっていた、クモハ123-1がついに引退となります。長いロングシートなど特徴的な車両でしたが、老朽化には勝てなかったようです。代わりに、ワンマン運転可能なE127系が使用されるとのこと。
 
イメージ 4
長野総合車両センターの試運転線を進むクモハ123-1
 
5.篠ノ井線塩尻-長野)にもE127系投入・一部列車ワンマン化
 篠ノ井線塩尻・松本-長野)にも、ついにワンマン化の波が・・・。115系に代わりE127系が(一部列車)ワンマン運転で投入されるとのこと。E127系自体は、ピークカットチャレンジ(節電)で、長野まで115系の代走で定期列車に使用されていますが、本格的に篠ノ井線にも投入されるようです。具体的な本数は不明ですが。
 
イメージ 5
画像は出場試運転ですが、ダイヤ改正後は毎日、犀川橋梁をわたるシーンが見られそうです。
 
 余談ながら、塩尻・松本-長野でワンマン運転を開始すると言う事は、信越本線篠ノ井-長野)に乗り入れている「しなの鉄道」の列車もワンマン運転となるのか注目です。(しなの鉄道は、115系だから車掌乗務が継続かな?)
 
6.その他
 みすず号の運転区間見直しとか気になりますね。あと、妙高号の記載が無いので現状維持と見てよさそうです。
 
イメージ 6
ワンマン(準備)工事が進む115系N50番台編成の運用が残るのかどうかも注目です。
 
 長野県外ですが、名古屋口の快速セントラルライナー号の廃止には驚きました。乗車整理券は必要でしたが、整理券さえ買えれば必ず座れるので重宝していたのですが・・・。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
 昨年の8月21日の乗車が現時点の予定では、最後の乗車になるとは夢にも思いませんでした。乗れる時に乗っておくものですね。