ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

115系N21編成試運転

 長野総合車両センター所属の115系N21編成の試運転が、長野―黒姫で1往復運転されました。この編成は、一部の部品を交換したことによる試運転で、通常この手の試運転は工場線ではなく留置線から基地線を使って長野駅へ向かいますが、今回は他にも点検・修繕箇所が発生したのか分りませんが、工場線から出場の形で試運転を使用して長野駅へ向かいました。
 
イメージ 1
 
 良かったのは、工場から出したので、前後の種別表示も「試運転」となっていました。留置線から出すときは、大半が種別幕は「普通」(方向幕は「試運転」)。検査上がりではない115系が試運転線を走るのも珍しいですね。
 
イメージ 2
 
 その後、黒姫へ向かう試運転列車を狙いますが、10月1日から時刻が変わり383系の出区が被るようになりました。タイミングによっては、試運転列車と383系の並びを見ることが出来ますので、さらにここに通う回数が増えそうです。サイド位置などのスナップ的写真もいけるかもしれません。
 
イメージ 3
 
 その後、黒姫から長野へ戻る115系N21編成を撮影します。秋本番を思わせる光線具合です。これから、3月の春分の日前後まで光線具合は厳しそうです。
 
 
イメージ 4
 
 最後に長総に戻るため基地線を進む115系N21編成を撮影。もはや、完全に面は影になってしまいます。春から晩夏は、それでも軽減できるのですが。
 
 先が見えている115系長野車ですが、このようなシーンも少なくなっていくんでしょうね。