ガタゴト日誌

長野県の鉄道写真を撮影しています。パソコン画面からツイートも見られるようになりました。

【E257系の動き】長野総合車両センター廃車置場周辺(7/22)

 本日(7/22)10時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。今日は、客先回りと北しなの線で撮影したので1時間ほど遅れて到着しました。

 到着時には、すでに6両まで組成されたE233系T41編成が廃車置場へ一時的に押し込まれている場面でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 工場側にはE231系武蔵野帯が編成組成されたまま留置中

イメージ 6

 この後、E233系T41編成の4両が組成されて工場を移動しました。これでE233系T41編成は4両と6両に2分割された状態まで編成組成となりました。

イメージ 8

イメージ 9

 続いてサハE230形と思われる中間車1両が工場間を移動しました。

イメージ 10

 続いて工場内に入っていたE257系M201編成が工場から廃車置場の元の位置へ戻されました。外観の見える範囲では変化はありませんが、内装や見えない場所の部品を外された可能性はあります。この後の動きが気になります。

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 基地側では、189系N102編成の前には寸止めでクモヤ143-52が留置されていますが、特に動きは無いようです。

イメージ 7

 訓練線では、機械扱いの209系訓練車が訓練線を走行していました。訓練線を(訓練)しなの駅まで出てくる209系は初めて見ました。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13