ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

189系M51編成が廃車置場へ

 4/27のラストランで長野に到着後、長野総合車両センタ-構内に留置されていた豊田車両センタ-所属の189系M51編成が留置線から工場に移動しました。その後、スイッチャーで廃車置場へ移動しました。現時点では、昭和33年から続いた国鉄特急色(クリーム4号・赤2号)最後の自走となりました。
 なお、留置線から出てくる段階で前後のシンボルマークは外されていました。

イメージ 1
留置線からついに移動のため試運転線へ出てきました

イメージ 2
E351系S1編成・189系M52編成との並び

イメージ 3
同僚の189系M52編成との再会

イメージ 4
一旦停止


イメージ 5
6両の停止まで進みます

イメージ 6
E127系に送られて工場線へ

イメージ 7
クハ189-10サイド

イメージ 8
最後の自力走行

イメージ 9
工場線の奥でパンタを降ろし使命を全うしました

イメージ 10
スイッチャーに引かれて工場線を進みます

イメージ 11
移動の関係で一部は試運転線へ

イメージ 12
JNRマーク

イメージ 13
189系M51編成お疲れさまでした・・・

イメージ 15
189系M50編成の窓に映るのはE7/W7系新幹線。

イメージ 14
廃車置場へ押し込まれます

イメージ 16
廃車置場に押し込まれます

イメージ 17
383系もその様子を見届けました

イメージ 18
廃車置場に入った189系M51編成

イメージ 19
189系M50編成移動後の廃車置場の様子

イメージ 20
別角度

 これにて、豊田車両センタ-に配置されていた189系は全3編成が「あさま」で長年過ごした長野へ里帰りして使命を全うしました。
 私が小学生だった頃は、すでに急行信州号(169系)より特急あさま号(189系)が幅を利かせていた時代。長野駅などで時折見かけた特急あさま号は当然ながら国鉄色でした。あの頃のあこがれの存在だった国鉄色189系がこれで見納めと言うことで、一つの時代が終わったような感覚もあります。
 残された最後の189系であるN102編成(あさま色)には1日でも長く活躍することを期待したいです。

 あえて書きませんでしたが、ラストランの旅は応募したものの落選しました。最後に国鉄色189系には乗っておきたかったですね・・・。