ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

E351系S1編成4両(9-12号車)が解体線へ

 長野総合車両センタ-の廃車置場に留置されていたE351系S1編成の9号車から12号車が解体線へ移されました。これにて、廃車置場に残るE351系は付属4両のS21編成のみとなりました。いよいよ、E351系の解体作業も終盤に差し掛かりました。

イメージ 1
9時頃の廃車置場の様子

イメージ 2
別角度

イメージ 3
工場側はE353系S101編成3両のみ。車輪転削庫(19番)は211系6連

イメージ 4
ついにスイッチャーが迎えにきました

イメージ 5
工場線へ引き出されます

イメージ 6
モハE351-1001のパンタは外されています

イメージ 7
一部は試運転線まで進みます

イメージ 8
E353系S101編成・189系M52編成との別れ

イメージ 9
工場線をゆっくりと最後の走行

イメージ 11
工場線を進み

イメージ 10
解体線へ入ります

イメージ 12
解体線への移動完了

イメージ 13
移動終了後の廃車置場の様子

イメージ 14
E353系S101編成5両も見えます

これにて撮影は終了