ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

長野総合車両センター廃車置場界隈(10/13)

 本日9時頃の長野総合車両センター廃車置場周辺の様子です。クハ204-107が1両留置されているのは変わりありませんが、留置位置が変わり車体の帯が剥がされていました。角度的な関係でその他に変更点があるかは不明です。

イメージ 1
本日9時頃の様子

イメージ 2帯が剥がされたクハ204-107

 工場側では、E257系M109編成の編成組成が行われていました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 私が見た時点では、まだE257系9両すべての組成が終わった訳では無いように見えました。
 ところで明日は「長野鉄道フェスタ」(長総公開)ですが、私が見た時間帯では大規模な車両(保存車両など)の移動はありませんでした。