ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

211系3000番台N308編成(クハ210-3016)入場

 長野総合車両センター所属の211系3000番台N308編成のうち、3号車のクハ210-3016が入場しました。入場の段階では、3両すべて(クモハ211-3016+モハ210-3016+クハ210-3016)で工場へ移動し、入場のクハ210-3016のみ工場に残してクモハ211-3016+モハ210-3016は2連のまま留置線へ戻りました。
 このような入場方法は、クハ210-3016の軸替の可能性が高いです。軸替だけなら数日で出場して週末辺りに試運転を行うかと思います。

イメージ 1
3両で工場へ移動する211系3000番台N308編成


イメージ 2
入場するクハ210-3016が先頭で工場線へ

イメージ 3
すでにクハ210は連結されているだけの状態なので、クモハ211-3016の運転台から操作して押し込みます。

イメージ 4
クハ210-3016を工場線に残して、クモハ211-3016+モハ210-3016で工場線を出ます

イメージ 5
少々待機


イメージ 6
2両の停止位置まで進みます

イメージ 7
モハ210-3016の妻面標記など

イメージ 8
モハ210-3016が先頭で留置線へ

イメージ 9
留置線へ移動します

イメージ 10
クモハ211-3016の運転台で操作しているためライトは点けたままです

イメージ 11
クハ211-3016はスイッチャーに連結されます。(※トリミング)

イメージ 12
そして工場へ入場しました。(※トリミング)