ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

マニ50 2186が譲渡のため出場

 東京急行電鉄(荷受者)に譲渡されるマニ50形(マニ50 2186)がクモヤ143-52によって工場を出場し基地へ移動しました。明日の甲種輸送に備えた移動です。(有料スマホ版ダイヤ情報(鉄道楽)に掲載済)
 まさか、485系「ゆう」が廃車解体された後に、「ゆう」の非電化区間運転時に電源車として活躍したマニ50 2186に新たな職場が見つかるとは鉄道車両も何が起こるか解りません。北の大地で再び活躍する事を期待したいです。

イメージ 1
工場の奥からスイッチャーがマニ50を引いてきました

イメージ 2
この場所でスイッチャーから切り離されクモヤ143-52を待ちます

イメージ 3
クモヤ143-52が来ました

イメージ 4
試運転線をゆっくりと進んで来ます

イメージ 5
向きを変えてマニ50 2186の方へ

イメージ 6
工場からマニ50 2186を引いて出て来ます

イメージ 7
工場線をゆっくりと進みます

イメージ 8
マニ50 2186の屋根が綺麗なような気が・・・


工場線から試運転線へ

イメージ 9
2両の停止位置まで進みます

イメージ 10
標記類に変わりは無いです

イメージ 11
再活躍のため工場を旅立ちます

イメージ 12
キハ110(キ141D)に見送られて基地へ

イメージ 13
ゆっくりと進みます

イメージ 14
マニ50 2186サイド

イメージ 15
クモヤ143-52との連結部

イメージ 16
車両基地へ向かいます