ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

E353系S108編成・S105編成上下回送列車運転

 長野総合車両センター疎開留置されていた、松本車両センター所属のE353系S108編成が回送列車として松本車両センターへ戻りました。

イメージ 1
長野から松本へ戻るE353系S108編成(冠着聖高原

 これとは逆に同じ時間帯に松本車両センター所属のE353系S105編成が長野総合車両センターへ回送されました。ちょうど2つの編成が篠ノ井線内ですれ違うスジが設定され両編成は西条で交換しました。

イメージ 2
聖カーブを通過するE353系S105編成(坂北-聖高原

イメージ 3
E353系S105編成は長野へ向かいます(上と同地点)

 E353系疎開による回送も3月のダイヤ改正で一区切りとなり、ダイヤ改正以降は松本以北の篠ノ井線を走行するシーンは当面珍しくなるのでしょうね・・・。