ガタゴト日誌

2022年11月1日ホームページ開設20周年を迎えました

107系100番台R1編成(高崎車)廃車置場へ

 長野総合車両センターへ配給された107系100番台R1編成(高崎車)が、クモユニ143-1によって留置線から工場線へ移動しました。工場線からは、スイッチャーによって廃車置場に移動しました。廃車置場では、帯がないクハ204-17の隣に留置されました。

イメージ 1
クモユニ143-1に牽引されて移動する107系100番台R1編成

イメージ 2
1223Mの入区(211系1000番台N320編成:元高崎車B4編成)が通過


イメージ 3
短いので大して先まで進みません

イメージ 4
2234M(E127系100番台A3編成)との並び

イメージ 5
クハ106-101

イメージ 6
クモハ107-101

イメージ 7
工場線を押し込まれてゆきます

イメージ 8
工場線の奥でしばらく待機

イメージ 9
スイッチャーに引かれて出てきます

イメージ 10
ここまで出てくると廃車置場の奥へ

イメージ 11
やはり廃車置場の奥へ

イメージ 12
ゆっくりと押し込まれます

イメージ 13
なんとクハ204-107の隣へ

イメージ 14
なんかすごい並びです

イメージ 15
移動完了後の廃車置場の様子です

イメージ 16
こちらは別角度

イメージ 17
背後には「いろどり」(トリミング拡大)
※「いろどり」に変化はありませんでした。

 これにて、JR東日本所有の107系は本線上からは見納めとなりました。あまり乗る機会はありませんでしたが、長い間お疲れさまでした。