ガタゴト日誌

長野でボチボチ鉄道写真撮ってます

長野総合車両センター廃車置場周辺(5/7)

 本日(5/7)9時頃の長野総合車両センター廃車置場の様子です。この時点では、連休が始まって直後の配置と特に動きはありませんした。189系N102編成もパンタを降ろして留置中。寸止めで留置されているクモヤ143-52はパンタを上げて通電していました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

 工場側も特に動きはありませんでした。

イメージ 3

 この後、編成は解りませんがサハE230形+サハE231形がクーラーを外された形で解体線へ移動しました。いよいよ解体作業も本格的に始動となるようです。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 続いて、485系宴が廃車置場に戻りました。(別記事参照)

イメージ 9

 さらにE233系豊田車T41編成の一部が移動しました。(別記事参照)

イメージ 10

 一通り移動作業が終わった後の10時20分頃の様子です。

イメージ 11

 今日はこれにて撮影は終了です。